導入事例CASE STUDY

18坪 スペースを有効活用した来客エリアのリノベーション

株式会社ファビルス 様
リノベーション

使われていないスペースから、眺望の良い応接室に

デザインコンセプト

今回は使われていなかったスペースを有効活用したいというご相談から、
来客用のエリアであるエントランスから応接室兼会議室まで、導線を含めた範囲をメインにリノベーションのご提案。
重厚感のある既設エントランスのイメージに合わせ、オフィス家具と内装は木目を基調にデザイン。

プロジェクト概要

社名 株式会社ファビルス 様
坪数 60㎡/18坪(エントランス・応接室)
事業内容 建築物環境衛生総合管理業
施工期間 5日
施工内容 間仕切り工事、オフィス什器、OAフロア、内装工事、電源工事

社内ミーティングの時にも使える応接室兼会議室

従業員の方がミーティングでも使用することを想定して健康的な姿勢が保てるチェア「Swin」を採用頂きました。
こちらの「Swin」は、デスクワークの際にキーボードなどが使い易い“前傾姿勢”と、リラックスできる“後傾姿勢”を実現できるので「集中力と能率のアップをサポート」する新たなオフィスチェアです。
また、天井・壁紙・タイルカーペット・パーティションまで当社にて施工させていただきました。

エントランスと執務室をパーティションでエリア分け

元々執務室内に設置されていた応接ブースを撤去し、執務室を拡大&床もOAフロアに変更。
あえて扉を付けずに、互い違いにパーティションを設置することで扉の開閉音をなくし、感染症対策として手を触れずに従業員が出入りできるように工夫しています。
また、エントランスから応接室への通路でも、お客様から執務室が見えないような目隠しとしての役割も兼ねています。
パーティションのフレームにはエントランスの雰囲気に合わせて木目のシート張りを施し、ガラスもフォグラスシートでぼかしを入れることでエントランスの採光にも配慮しました。

お気軽にお問合せ下さい!対応地区:関東地区・関西地区・九州地区